認知症が原因の
行方不明者
年々増えてます

2017年の1年間に全国の警察に届け出のあった認知症の行方不明者は、1万5863人だったことが分かりました。事故が発生する前に離院検知「Box11」をご検討ください。


介護現場でのお悩み

帰宅願望の強い方もおられるが、ずっと見ていられない。
出入口とスタッフルームが離れている。
どこから出たかわからない。
今使っているセンサーは誤報が多い。
大掛かりな工事はしたくない。
無料で試してから購入したい。

ボックスイレブンですべて解決

検知率99.9%以上の性能。
決められたエリア以外では警報しない。
出た場所によって表示色が変わる。
設置工事もカンタン。
人体や医療機器に影響がない。
無料お試しで性能を確認できる。

動画

導入のメリット

リスクを軽減

無断外出を即座にお知らせ!部屋に閉じ込めることなく、離院・離設による事故や事件発生のリスクを軽減します。

負担を軽減

システムによる見守りサポートで、スタッフの心理的負担が軽減されます。

信頼性向上

ご家族にも安心を提供することで、病院や施設の信頼性向上に繋がります。

ユーザー評価

社会福祉法人大阪自彊館 複合福祉施設
メゾンリベルテ様

背景

メゾンリベルテは、在宅支援サービス、障害者支援施設、特別養護老人ホームを含む複合福祉施設です。利用者様が自由に過ごせ、出入りできるよう出入口の開閉を制限していません。

その一方で大事に至ってはいませんが、スタッフが気づかず利用者様が施設から出てしまうこともあり、安全面での課題がありました。

導入のきっかけ

ICタグを導入したのは、ドアが開くとチャイムが鳴る簡単な他の装置と併用できる仕組みを模索していた最中、偶然展示会でマトリックスの方と知り合ったのがきっかけです。

導入の効果

ICタグの導入後は離設事故の発生はありませんし、スタッフのストレスが減り、余裕をもってより一層利用者様にしっかり接することができるようになりました。 新規利用者も受け入れやすくなり利用者が増えたので、施設の利用を希望する方と施設の両方にとってメリットがあると思います。

京都市某病院様

背景

当病院は「透析治療」の専門。多くはないが、帰宅願望の強い入院患者様が無断で病院の外に出てしまうこともあった。他の施設では離院して、野外で転んでしまった方もあると聞いたこともあった。

導入のきっかけ

患者様を離院事故から守るために、マンツー対応が困難な現状に役立つ装置を探したところ業者からマトリックスの製品紹介を受けた。

導入の効果

今までに10人の患者様が利用。対象の方が病院の外に出ようとする時に、アラームで気づいたスタッフがお声掛けしながらお戻りを促しているので、無断離院は1度もない。(インタビュー 2017年10月)

装置に依存するだけでなく、担当者や、手順を明確にして運用している。

離院が発生すると 、院内の関係部署や担当者は自責の念にかられるだけでなく、周囲からも強い非難を受けますが、この装置はそれらの精神的な負担を軽減する効果もある。

愛知医科大学病院 MEセンター様

背景

愛知医科大学は高度急性期医療を担うべく2014年に新病棟を設立。患者様の離院は認知症による徘徊以外にも発生することがあります。

過去には大事至らなかったもの、患者様が病院の外に出てタクシーに乗り、地下鉄の駅で発見されたこともありました。

導入の効果

18ケ所の病棟内10ケ所で使用しています。そのうち8病棟で「大いに効果あり」、7病棟で「今後もっと必要」と評価されました。

介護老人保健施設 竜間之郷様

背景

竜間之郷は多くの入所者が認知症で、離院を防ぐために色々な工夫をしてきました。帰宅願望の強い利用者様には性格から行動を予測して特に注意を払いましたが、やむを得ず時間を限定して出入り口に鍵をかけたこともあります。

一方では患者様の自由な行動が制限されたり、ご家族に不便をおかけしたり、さらに職員の負担増などの問題がありました。

導入の効果

ご家族や職員も含めて大きな負担をかけずに患者さんを見守ることが出来るので安心です。ICタグの導入後も離院による事故は発生していません。

小型ICタグの収納・装着例

ICタグは小型・軽量で位置や向きを気にせず使用できます。お一人おひとりに合った方法でご利用ください。

名札・ブローチ
御守り袋
車いす
手押し車
手首

ひと工夫で効果大

「ICタグはスタッフが手作りした袋にいれています。所長をはじめスタッフ自らICタグを身に着けて見せて、帰宅願望の強い利用者様にも抵抗なく携帯していただいています。」

※社会福祉法人大阪自彊館 複合福祉施設 メゾンリベルテ様

ご要望にあった構成をご提案

基本構成

各ユニットの台数はご要望に応じて変更。

オプション

ナースコールと連携

他センサとの連携

人感センサと連携

お問い合わせ