認知症高齢者徘徊通知システム

徘徊防止対策、離院防止対策は 性能重視 で選びましょう

レースタイム計測業界でトップシェアを誇るマトリックスのRFID技術です。

今なら無料でお試しいただけます

そのお悩み、全て解決できます!!

広い施設や病院で使えます!

無線機器なので設置がカンタン

  • 検知場所に「検知ユニット」を設置
  • 警報場所に「警報ユニット」と「表示灯」を設置

運用のイメージ

ICタグを付けた認知症高齢者が検知ユニットに近づくと表示灯でお知らせします。

※検知距離は最大約2.8m(環境や本体の向きによって変化します)。

入口:検知ユニット /  ナースステーション:警報ユニット+表示灯
※検知ユニットは最大5ヶ所まで設置可能

  • 入口など、通過を検知したい場所に検知ユニットを設置します。
    検知ユニット本体(またはボックス型のトリガーコイル&受信アンテナ)を中心に、半径約2.8mの球状の検知エリア(トリガー磁界)をそれぞれ出力します。
  • 検知エリアにICタグが侵入すると検知ユニットがICタグからの電波を受信し、警報ユニットへ通知します。
  • 電波を受けた警報ユニットが有線接続している表示灯を動作、光と音で警報します。

ICタグ(Tag18)

電池寿命は約三年、電池交換可能。

外形寸法(W×H×D):31.5×56.5×11.7mm
質量:約 17.7g

ICタグ(Tag27)近日発売予定

赤ちゃんにも使える小型のICタグ。電池寿命は約1年、電池交換不可の使いきり。

外形寸法(W×H×D):27.6×27.6×9.4mm
質量:約 7.3g

当社の製品をおすすめする
5つの理由

1.高い検知精度

高い検知精度が求められるレース業界で認められたRFID技術です。

2.離れた場所でもひと目でわかる

離院した入口によって表示灯の色が異なります。

3.カンタン設置

検知ユニットから警報ユニット通信は特小無線です。複雑な工事は必要ありません。

4.人体に影響がないICタグ

人体に影響がない微弱電波を発信します。電池交換可能なTag18と使い切りタイプのTag27をお選びいただけます。

5.無料でお試し

評価機を無料でレンタルいたします。まずはお試しください。

認知症高齢者徘徊システムを導入することで

ピンポイントで検知

一般的なアクティブタグは常時発信であるため、反射波の影響で検知ユニットを設置した出入口から10m以上も離れた場所でも検知してしまうことがあります。その誤報を防ぐ手段として、人感センサを組み合わせて対応する場合もありますが、離れた場所で発信したICタグの電波と、人感センサーに反応したICタグ非所持者のデータの組み合わせで警報が発生する恐れがあります。

一方、当社のタグは検知エリアの中でのみ電波を発信するセミアクティブタグなので、出入口付近でのみ電波を発信、誤報が劇的に減少します。

まずは気軽にご相談ください。